HTMLのバージョンの区別がつかなければコーディング代行業者へ

ホームページは基本的にHTMLを記述して制作していきますが、そのHTMLにはバージョンがあってそれぞれ記述の仕方が違ったりします。
まだホームページ制作をし始めたばかりの初心者の方はこれらがごちゃ混ぜになっていたりすることがあります。

インターネットで調べながら勉強していくとそういったバージョンの違いについてなど書かれていないこともありますし、そういったのでどんどんごちゃごちゃになっていくのかもしれませんんね。
たとえばHTML5になってからcenterタグは廃止されたのですが、こういったものをHTML5で書かれたコードの中で使ったりということをしてしまうのです。

いま覚えるとしたらHTML5でしょうが、すべてのホームページがHTML5というわけでもありませんから、タグや記述の仕方を使い分けていかなくてはなりません。そういう能力がホームページ制作、コーディング作業では求められるわけです。

こういったことがわからないのであれば素直にコーディング代行業者に頼むと良いと思います。
フリーランスでやっているのであれば別のところ、ディレクションやデザインでお金を取るようにしてプロのコーディング代行業者に頼むというのは良い方法かもしれません。
自分でできないことをやって信用を落とすよりも素直にコーディング代行業者に外注してしまった方が良いですよね。